ふろモ

あなたにおすすめの商品を教えます

健康のために

30代になってから髪のパサつきが気になる理由とは

投稿日:

元気があり余っていて、おしゃれも何でも楽しかった20代。

そんな素敵な時代を経て30代に突入すると、「落ち着いて綺麗な大人になりたい」「若々しさも残しつつ大人の女性になりたい」なんて思いが芽生えますよね。

「さあこれから、どんどん素敵になるぞ~!」というときにやって来るのが髪のパサつきです。

20代ではどんなにカラーをしてもトリートメントをしていればつやつや髪だったのに、30代に突入した途端、カラーを控えてもトリートメントをしてもパサパサとした潤いの無い髪になってしまうことがあります。

今回は、30代になってから急に髪がパサついてきて「どうしていきなり髪質が変わるの?」「今までケアなんて考えていなかっから、どうしたら良いかわからない」なんて悩みを持つ方に是非読んでいただきたいお話です。

パサつきの理由や対策、ヘアケアについてとことんご紹介しているので、最後までチェックしてツヤツヤ美髪を取り戻しましょうね。

30代になってから髪がパサつく理由

乾燥によって髪の内部が水分不足になる

20代と30代では肌の乾燥具合が異なるように、髪の水分量も変わってきます。

30代に突入して「最近ファンデーションが粉々する」「肌のカサつきが気になる」「基礎化粧品が合わなくなってきた」などの乾燥の悩みを抱えているかたは、肌と同様に髪も乾燥している可能性が高いです。

髪の内部の水分が不足することで、髪がまとまらなくなったり、パサパサになったりします。

さらに、髪の水分量が少なくなることで髪自体が軽くなり、静電気が起きやすくなる原因にもなるのです。

ブラッシングをしたときに、毛先が広がってしまう場合は髪が乾燥している証拠ですよ。

カラーリングやパーマのダメージの蓄積

20代の頃のカラーリングやパーマのダメージがどんどん蓄積されて、30代になった途端に髪に現れることもあります。

カラーリングやパーマを繰り返すことでキューティクルが傷つき、髪を作るタンパク質が流れ出てしまうのです。

キューティクルが健康な状態であれば髪は艶やかに見えますが、傷ついてしまっているとパサパサの見た目になってしまいます。

また、髪の主な成分であるタンパク質が流れ出てしまうことで、髪自体も健康な状態とは言えなくなるのです。

年齢を重ねると髪の成長サイクルが変化する

髪の成長サイクルは、頭皮の健康状態によって大きく左右されます。

正常な状態であれば髪の成長期が長く、抜け落ちる後退期や停滞期は短いです。

ですが、年齢を重ねることによって頭皮の状態が悪くなると、毛根部分の髪を作る働きが弱まってしまいます。

髪を作る働きが弱くなることでタンパク質の不足、髪の量の現象が起きてパサパサの見た目になってしまうのです。

ドライヤー、ストレートアイロン、カールアイロンによる熱ダメージ

朝のスタイリングや夜のお風呂上がりなどで、ドライヤーやストレートアイロン、カールアイロンを使用する方は多いですよね。

忙しい毎日のなかで、「早く乾かしたい!」と髪の近くでドライヤーを使ってしまったり、「巻きを崩したくない」と高温でカールアイロンを使用したりしてしまうと、髪は熱ダメージを受けてしまいます。

ダメージが蓄積されていたり、痛みやすくなってしまっている30代の髪への熱ダメージの影響は大きいです。

熱ダメージを与えることで、髪のタンパク質が焦げて変形し、パサつきやゴワつきの原因となります。

乱れた生活習慣による頭皮環境の変化

寝不足や偏食、飲酒や喫煙などの乱れた生活習慣は、頭皮の環境に影響を与えます。

頭皮の血流が悪くなることで、髪の成長を邪魔してしまうので髪の量が少なくなってしまうのです。

髪の密度が下がってスカスカになってしまうと、当然パサつきが目立ちやすくなります。

また、頭皮の環境が悪くなることによって髪の再生力も落ちてしまい、ダメージがいつまでもそのままになってしまったり、健康な髪が生え変わりにくくなるのです。

そうすると、不健康な髪が少ないままずっと残ることになって、パサついた見た目が進行していきます。

30代の髪のパサつきの対策

美容院でトリートメントを受ける

美容院で受けるトリートメントは、セルフケアの何倍もの毛髪補修効果があります。

使っているトリートメントはもちろん、スチームケアによって髪に栄養をしっかり閉じ込めることができるのです。

30代の髪のパサつきは、髪の内部の水分量の不足が原因なので、サロンでプロに施術してもらうことで髪の内側からケアすることができますよ。

シャンプーを変えてみる

30代になると、シャンプーはただ髪を洗うものという考えでは居られなくなります。

シャンプーは、今現在の悩みに合わせたものを使ったり、自分の髪に合うものを選ぶことが重要です。

パサつきが気になるのであれば、カラー専用のシャンプーを使ってカラーリングのダメージを軽減させたり、頭皮に栄養を与えるタイプのものを使って頭皮環境を整える必要があります。

頭皮のクレンジングをする

年齢を重ねるごとに、頭皮の毛穴は詰まりやすくなります。

健康な髪を生やすためには、頭皮を清潔な環境に整えることが大切です。

シャンプーだけでは、落としきれない汚れをしっかりと取るためにクレンジングを導入してみてくださいね。

クレンジングで頭皮のつまりを防げば、髪のうねりなどの二次災害も予防することができます。

パサつきが気になる髪の場合は頭皮が乾燥していることも多いので、フケやかゆみを抑えてくれる薬用のものを選んでみてくださいね。

さらに、炭酸が含まれているクレンジングを選ぶことで、頭皮を刺激して血行を良くして髪の成長を促す効果も得られます。

頭皮の血行が良くなると、毛穴の奥までシャンプーの栄養が行き渡るようになるのでおすすめです。

油分の多いトリートメントを使う

インナーバストリートメントは、油分の多いものを選ぶようにしてください。

トリートメントには髪の表面をコーティングする効果があるので、油分の多いものを使うことでパサパサのキューティクルもしっかりと包み込んで、つやつやの見た目してくれますよ。

アーモンドオイルやアラガンオイルなどの、天然植物由来のオイルが配合されているものを選ぶことで、水分を髪の内側に閉じ込めてくれるのでおすすめです。

ドライヤーやヘアアイロンを使う前にはヘアオイルを塗る

パサつきやさらなるダメージを抑えるためには、ドライヤーやヘアアイロンを使う前にヘアオイルを塗ると良いですよ。

髪が熱ダメージを受ける前に、ヘアオイルでコーティングすることで髪を守ってくれます。

また、熱によってヘアオイルの栄養が髪に浸透するので、毛先を中心に塗り込んでくださいね。

頭皮に塗ってしまうと、毛穴のつまりの原因になるので要注意です。

ミルクタイプのものよりも、オイルタイプの方が保湿力とコーティング力が高いのでおすすめですよ。

紫外線対策をする

紫外線を受けることによって、頭皮はダメージを受けて乾燥します。

頭皮が乾燥してしまうと、髪の水分を奪ってしまいパサつきが進行するのです。

また、乾燥によって頭皮環境が悪化すると髪の成長も妨げられてしまいます。

日本人の髪の色素は濃いため、紫外線を吸収しやすいです。

帽子を被ったり、専用の日焼け止めスプレーをかけたりして紫外線から頭皮も守りましょう。

ドライヤーのかけ方に注意

ドライヤーは髪からしっかりと離して使っても、温度が100度近くなってしまいます。

なので、なるべく手早くダメージを少なく済ませることが大切です。

普通に乾かしてしまうと、風がダメージを受けやすい毛先に集中してしまうので、髪の根本を中心にドライヤーを当てましょう。

また、熱風で髪を完全に乾かすよりも、半乾きくらいになったら冷風に切り替える方がダメージが少なく、キューティクルも引き締めてくれますよ。

自然乾燥は、開いたキューティクルをそのままにしてしまい、パサつきの原因となるので避けてくださいね。

生活習慣を整える

髪のパサつきを改善するためには、頭皮の環境が重要とお話ししました。

頭皮の環境を整えるには、生活習慣を正しくするのがおすすめです。

22時から2時の間は髪が成長しやすい時間なので、熟睡して質の良い睡眠をとることを心がけましょう。

また、ストレスや喫煙飲酒は、頭皮の血行不良の原因となるので要注意です。

食生活は偏食や暴飲暴食は避け、良質なタンパク質をとるようにしてくださいね。

青魚や大豆製品を海草類と一緒にとることで、タンパク質の栄養が効率よく髪に行き渡るのでおすすめです。

30代の髪のパサつきにおすすめのヘアケア

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム 320g

ミルボン プラーミア クリアスパフォーム 320g

2,160円(04/16 11:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

髪の変化に悩む30代の方におすすめの、ミルボンエイジングケアシリーズです。

高濃度の炭酸泡が頭皮の毛穴の奥までしっかり洗浄してくれるので、べたつきや匂いの気にならない清潔な頭皮に導いてくれます。

炭酸が血行を促してくれるので、そのあとのヘアケアの栄養を髪全体にしっかりと行き渡らせることができますよ。

ふわふわの泡なので、マッサージを併用することでより効果が高まります。

ラックス バイオフュージョン ダメージ ディフェンス バイタル リペア オイル

30代の髪のパサつきの大きな原因となる、タンパク質のゆがみを改善してくれるヘアオイルです。

ダメージによるキューティクルの空洞を埋めるだけではなく、根本から髪の痛みを補修してくれます。

また、オイルが痛んだキューティクルにぴったりと密着するので、髪を徹底的に補修してくれますよ。

コーティング力が高いので、痛んだ毛先が枝毛になってしまうのも防いでくれるのです。

お風呂上がりのケアとして使って髪に栄養を与えることもできますし、お出掛けのときに使って乾燥や広がりを軽減することもできます。

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア 80g

ナプラ ミーファ フレグランスUVスプレー マグノリア 80g

591円(04/16 11:13時点)
Amazonの情報を掲載しています

お出掛け時にしゅっとスプレーするだけで、強い紫外線からはもちろん、嫌な臭いからも髪を守ってくれます。

小さめのボトルなので持ち運びも可能、いつでもどこでも紫外線対策ができますよ。

また、オレンジ油を配合しているので髪にうるおいとツヤを与えてくれるのも嬉しいポイントです。

紫外線だけでなく、パサつきがが気になるときにもスプレーして使えますよ。

髪全体にかければ見た目が艶やかになって、さらなる乾燥やダメージも防げるのです。

WEN ウェン クレンジングコンディショナー ザクロ 480mL (シャンプー リンス コンディショナー トリートメント スカルプ 5 in 1 )

ウェンから発売されている、髪のパサつきが気になる方向けのオールインワンクレンザーです。

一本でシャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメント、スカルプケアが完成します。

泡立ちをよくすための余計な成分が含まれいないので、必要な油分を残しつつ頭皮を清潔にケアしてくれますよ。

自然由来の成分が髪のダメージを補修してくれるので、うるおいのある艶やかな髪なることができるのです。

お風呂のなかですべてのケアが完結するので、空いた時間はアウトバスケアに集中できますよ。

クリームタイプなので髪全体に行き渡りやすく、マッサージもしやすいのが嬉しいポイントですね。

-健康のために

Copyright© ふろモ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.